以前、世間にバスケットボール関心を巻き起こすきっかけになった漫画がありました。

 

 

漫画の題名は『スラムダンク』。

 

 

高校のパパバスケットボールを素材にした行為漫画だ。

 

 

ヒロインの桜木花道は中学現代から不良で通っていましたが、ハイスクールに入り、ヒロインに恋をしたことがきっかけで、ケンカもしない、普通の旦那になろうって内心。

そうして今まで一度もしたことがないバスケットを始めることに。

 

こういう桜木花道の熱血漢流れ出るフランクな性分が、側を吸い付けるのでしょうね。

 

ハイスクールからようやくバスケットボールを始めた桜木花道ですが、見る見るうちにこぶしが上達し、これからハイスクールバスケット界を揺るがすユーザーにまで成長します。

 

 

こういう漫画が世間に与えたインパクトは広く、“バスケットをしたい”というティーンエージャーが目立ち、一躍バスケット花形も巻き起こったぐらい凄かっただ。

 

わたしも『スラムダンク』を読んで、バスケットボールを始めました。

 

それぐらい正に『スラムダンク』はバスケットボールの楽しさを教えてくれる漫画だ。

 

 

こういう『スラムダンク』に出る性分は彼氏

パブリック以外にも行為漫画ならではの熱血漢が多く、見ていて飽きません。

 

何回も読み直したく達する漫画だ。