ナイトレイドのメンバーの1者

地元の村を引き戻す結果、帝都で兵士に志願しようとやって来たタツミは、なので帝国のVIPたちをひっきりなしに暗殺始める殺し屋連中・ナイトレイドの幻を耳にする。路頭に迷っていた位置を親切な貴族に助けられ、その家屋でタツミはナイトレイドと遭遇する。家屋の住民たちが惨殺されて行く中間、タツミは家屋の一人娘を守らんと、ナイトレイドのメンバーの1者、アカメってチャレンジ始める。ただし闘いの真っ最中、ナイトレイドの殺し屋たちから帝都の腐敗の様を突きつけられる。その犠牲となった方の中に、共々村を出たサポーターたちがいたことを知ったタツミは、サポーターを拷問にわたっていた家屋の一人娘を処断する。タツミの殺し屋としての知恵を見込んだナイトレイドのメンバーにて、タツミは強引に殺し屋連中に身を投じる状況になってしまった。連れられた先ほどで、ナイトレイドは腐敗した帝国を打倒すべく活動する反帝国企業の暗殺連中ですことを解る。タツミは市民たちに突き刺さる破壊の根底が、ちっちゃい皇帝を唆す大臣におけることを話しられ、ナイトレイド参入を決意する。

様々な器量を持つ特殊な見どころ・帝用具による圧巻の争い運動。闇に通じる殺し屋たちの手に汗握るダークおとぎ話が開幕やる。