日本のコミック、コミックを市場に知ら終わりた伝説のコミック。

日本のコミック、コミックを市場に知ら終わりた伝説のコミック。

種別は荒廃して、治安が悪くなった2019階層の都内。市場大戦の上、NEW復活をとげ。表通りは超高層ビルがたちならび、かつての破滅された都内の見る名残はなくなったかに思えた。ただし、そこで通じる未成年たちは破滅のときと変わらず勇ましく、そうして野蛮だった。

「ネオ都内」では毎日のように反政府デモンストレーション対って警察官が衝突し、さながらゲリラ戦のカタチを見せていた。あんな最中、主役です狂乱族の会員金田正太郎は、ネオ都内の再製造工事で忘れ去られた破裂新地で、白髪の少年にであう。

白髪の少年は軍の超器量ラボラトリー組織から反政府ゲリラを通じて強引に釣らさられた恐るべき力を有する少年だったのだ。

その少年って接触した結果、もはや1人の主役です島テツオは少しずつ超器量に目覚めて行く。

最初は大したことがないパワーだったが、人々の想像を超えるような恐ろしいほどのパワーが覚醒するのと同時に気弱な少年は凶暴な人間へと変わっていく。

金田はテツオを支えるために、超器量期間の内証を追う反政府ゲリラというかかわりを持ち歩く。

そうして、全ての裏手に潜む謎の少年「AKIRA」は?

フィルムよりもスケールの大きい、コミック版AKIRAを一読されてみては如何だろうか?